他事務所にも勝る、“ネタ作り”の力

ドランクドラゴン

ネタは名刺代わりです。世に出るためには面白いネタを作るしか方法はないと思います。
JCAは特にネタ作りに力を入れているので、一年の間にネタを考える行為が自然と身に付いてきます。それだけでも大きいと思います(まぁ必ずとはいえませんが…)。

東京03

毎回新しいネタを作ってライブをするのは今だに新鮮だし、ただただ楽しいです。自分たちがより楽しめるために作っているという感じです。
まずはネタ作りを好きになること、そのための環境に身を置くことが大切だと思います。

北陽

よくネタ作りが脱線して、夜中に同期とバカ話をしたことは、いい思い出だし、JCAあるあるかもしれませんね(笑)。作ったネタがウケなかった時は辛いですが、ちゃんとした指導をもとに、ネタを作り続けられたことが良かったと思います。

ネタ作りの力を、養うための環境がある。